社員紹介

エントリーする

エンジニア歴 6年目

木村 俊貴

Kimura Toshiki

所属

東京

得意言語

Java, Scala, Riot, React

趣味

趣味はバイクと釣りです。最近はソロキャンプが流行っているので自分も道具を揃えてみました。 今度、バイクにたくさん荷物を積んで北海道に行ってみたいですね~。

ルトラを選んだ理由はなんですか?

エンジニア目線の経営陣

私がルトラを選んだ理由は大きくわけて三つあります。
一つ目は案件を選べること
ルトラではエンジニア自身が紹介された案件を選べるため、自分の得意な分野を伸ばしたり、やってみたいことに挑戦したりするといったことがやりやすいです。

二つ目は単価に応じた給料が支払われること
私はかつて、単価を上げてもお給料が全然上がらない...。なんて会社をいくつか経験してきましたが、ルトラは単価ベースの給与制度を採用しているため、単価が上がれば収入もどんどん上がります。現場での努力がお給料で報われるようになっているため、俄然、仕事へのやる気が出てきます。

三つ目は経営陣が親切なこと
もともとエンジニアだったルトラの経営陣は、エンジニア目線で一人一人に目をかけてくれるため、入社前から「なんかいいなぁ」と感じていました。働いてみないとわからない現場の空気や問題を同じように経験している方たちなので、とても相談がしやすいです。おかげ様で、現在もストレスフリーで働くことができています。

ルトラはどんな会社ですか?

ライフスタイルに合った案件を選べる

ルトラは案件を自由に選べる会社です。一般的なSES企業の場合、自分のやりたい分野やライフスタイルに合わせて案件を変えることが難しいですが、ルトラでは個人の要望に合わせてさくっと案件を変えることができます。技術的にマッチしなかったり、現場が遠かったり...そんな案件で「半年頑張って!」なんて言われることはありません。合わない場合はすぐに新しい案件を紹介してもらえるので、精神的にも技術的にも安定した状態で働くことができます。私の場合、ニッチな言語を扱う案件を希望したため当初は見つかるまいと諦めていましたが、予想外に手早く紹介してもらえて驚きました。もちろん、技術的な要望以外にも、例えば自宅から近い案件や出社時間が遅い案件などなど、いろいろとリクエストを出すことができますよ。自分に合う案件で働ける案件選択制度はルトラの大きな魅力の一つだと感じています。

現在の仕事内容とやりがいは?

流行の言語や最新の開発スタイルを実践できる

私は現在、大手ECサイトのリプレイス案件に携わっています。業務内容としては主に要件定義からコーディングを担当しており、必要な機能についてお客様とやり取りを行いながら、コツコツと画面やAPIを作成しています。担当する範囲が広いため中々大変ですが、フロントエンドとサーバサイドの両方のコーディングが行える上、設計を個人の裁量で決められることが多いため非常にやりがいを感じています。また、リプレイスにあたって流行の言語や最新の開発スタイルを実践している現場なので、仕事を通してそれらのノウハウを学ぶことができる点もやりがいの一つですね。前職までは、Javaを使ったごくありふれた業務システムの保守しか経験していなかったため、数万人のユーザーが利用するシステムを作る仕事はとても刺激的で面白いです。この現場でたくさん力をつけて成長したいですね。

転職活動中の皆さんへメッセージ

参画した案件によって得られる技術や経験が変わるため、案件次第で今後の人生が変わってしまう…。
そんな非常に大事な案件選択を会社の言われるがままに決めてしまってよいのでしょうか。
私は前職まで、会社が決めた案件の下で働き続けてきました。
しかし、使っている技術はどれも枯れたものばかりで、このままでは周りについていけなくなるのではないかと常に焦りを感じていました。
そこで思い切ってルトラに入社し、自分のやりたい案件を探してみることにしました。結果、良い案件に恵まれて今ではこの選択をしたことをとてもよかったと感じています。

大げさでもなんでもなく、案件選択は人生を左右します。
それなら思い切って自分で決めてみたいと思いませんか。
ルトラはその選択を全力でサポートしてくれる会社です。
以前の私のように、つまらない案件でずっと働いている。でも、やってみたい技術がある。そんな悩みを持っている方、ルトラならきっと見つかるはずです。

Entryエントリー

ルトラへご興味をお持ちの方は以下のボタンよりご応募ください。
スタッフ一同、皆様のご応募を心よりお待ちしています。